斉藤眼科

疾 患



■ 白内障

カメラのレンズに相当する水晶体がさまざまな原因で濁ってくることです。
水晶体が濁ると、光がうまく通過できなかったり、光が乱反射して鮮明さが失われ 視力が低下してしまいます。

□ 症状

・白くモヤがかかった様にかすんで見える
・まぶしい
・明るいところでみにくい
・2重3重にものがみえる
・眼鏡が合わなくなる ...など

□ 治療

日常生活に支障がなければ目薬などで様子を見ることができますが 日常生活に支障が出るようなら手術を考えたほうがよいかも知れません。




■ 緑内障

緑内障は何らかの原因で見える範囲(視野)が徐々にせまくなる病気で、眼圧の上昇がその 原因の一つと言われます。緑内障は自覚症状がほとんどなく、知らないうちに進行している こともありますので、早期発見、早期治療が大切です。
※当院では山梨大学医学部と提携し、視野、治療などの情報を共有できるシステムがあります。

□ 治療

点眼、手術、レーザーなど




■ ドライアイ

涙の量が少なくなって、眼の表面が乾いてしまい、それによってさまざまな 症状をもたらす疾患です。

□ 症状

・眼が疲れやすい
・何となく眼が不快である
・ものがかすんで見えるときがある
・目やにがでる
・涙が理由もなく出る
・眼がかゆいなど

□ 治療

点眼や涙の出口を狭くするプラグやコラーゲンを使用します。




■ 糖尿病性網膜症

糖尿病の合併症の一つで、網膜の血管が詰まったり、出血を起こす病気です。 初期の段階では自覚症状がないため、眼科で定期的な検査を受けることが大切です。

□ 治療

レーザー、手術など




■ 加齢性黄斑変性症

見える範囲の中で特に中心を見る網膜の部分が障害を起こす病気です。 普段は両目で見ているため進行するまで気づかないこともあります。

□ 治療

注射などの治療が開発されています。



Copyright(c) 2015 saito eye clinic. All Rights Reserved.